Altium & relatives トライアルサポート|Anvil Consulting

評価版とその利用に役立つ情報を提供します。 新規導入だけでなく、最新版へのアップグレードや増設を検討中の方々もご利用下さい。

アンビル コンサルティング㈱ info@anvil.co.jp

〒527-0085 滋賀県東近江市下羽田町 746

アルティウムって売れてるの?

FAQ

アルティウムって売れてるの?

 Altium Designer サポートサイト で最新情報をご確認ください

CADツールの選定の際には、その CADが売れているのか売れていないのかが気になるところです。他人の評価を気にしすぎるのも良くないことですが、やはり数多く使われている CADを選ばないといろいろと不都合が出てきます。
 
もしあまり売れていない CADを選んだ場合、CAD データでやり取りできる業者さんを見つけるのに苦労したり、最悪の場合にはその CAD メーカが市場から消えてしまうという事にもなりかねません。逆に、良く売れている CAD を選んだ場合、多くの会社を CAD データによるやり取りが可能になり、ビジネスチャンスが広がります。尤もこのような事情は、CAD ユーザーの皆様が日々実感されている事であり、改めて講釈する必要は無いのかも知れませんが …
 
そこで、Altium Designer は本当のところどれくらい売れているのか?ということになります。
 
年間の売上は決算結果として公開されているので、Altium社の 2013年 6月末の決算報告(Altium Limited ASX Announcement)をあたってみたところ、売上は 69,2 million US dollarsでした。今の為替レートだと 69億円程度になり、国内最大手 Zuken社の売上げ (86億円)に肉迫しています。
 
alu2013fy.png
 
尤も Altiumは Zuken社のように国内の販売比率が高いわけでありませんので、国内シェアが Zukenに肉迫しているわけではありませんが、Altiumは製品単価が安いので、台数ベースではいいところまで行っているはずです。そして注目すべきは、売上げが前年より 13%伸びており、シェアがさらに拡大する方向にあることです。
 
またこれは、直近の売れ行きを示すものですが、Altiumは Altium Designer だけでなくそれ以前の Protelユーザーや P-CAD/ACCEL/Tangoユーザーを引き継いでいます。これらをあわせると Altium のユーザーやライセンス数は膨大なものになり、おそらく数量ベースでの Altiumのシェアはは世界一なのではないかと思います。
 
このように、Altiumは過去の膨大なユーザー・ライセンスベースを引継ぎ、現在も数多く売れています。そして年々売上げが伸びていますので、Altiumであれば、少数ゆえに孤立してしまうという心配は無用です。
このエントリーをはてなブックマークに追加

« »