Altium & relatives トライアルサポート|Anvil Consulting

評価版とその利用に役立つ情報を提供します。 新規導入だけでなく、最新版へのアップグレードや増設を検討中の方々もご利用下さい。

アンビル コンサルティング㈱ info@anvil.co.jp

〒527-0085 滋賀県東近江市下羽田町 746

プロテルの始まりと市場への浸透

FAQ

プロテルの始まりと市場への浸透

 Altium Designer サポートサイト で最新情報をご確認ください

 これは現在のアルティウムの前身であるプロテルの足跡をまとめたものです。以前のものを転載しました。
 
DOS版 PCBツールで創業、Windowsで飛躍
プロテル社は1985年ニック・マーティンにより、オーストラリアのタスマニアで設立されました。ニック・マーティンはタスマニア大学の依頼を受け、高価な UNIXベースの CADツールの代用品とし、安価な DOS PCBツールの開発を始めました。このツールは翌年の1986年には製品化されオーストラリア国内だけでなく、アメリカやヨーロッパにも輸出されるようになりました。当時この DOPS製品はは米アクセルテクノロジ社(後にプロテルが買収)にOEM供給され、主にTangoのブランドで販売されていました。
その後プロテルは1991年に Windows上で動作する最初の Protel Advanced PCBの出荷を開始し、DOS製品の開発を中止しました。以後プロテルは Windowsベースの EDAツールの開発だけに専念し、1992年末には Protel Advanced Schematicの出荷が始まりました。そしてその後プロテルは Windows CADツールのラインナップの充実と統合化を実現し、短期間にWindows 統合 CAD ールの業界標準の地位を獲得するに至ります。
さらにその後プロテルは本社をタスマニアから(米国を経て)シドニーに移し上場を果たした後、アルティウムに名社名変更しています。そして、引き続きハイエンドツールをしのぐ能力を備えた統合 EDA ツールを安価に供給することを目標にして開発が続けられ、現在その範囲は FPGA開発や組み込ソフトウェアの分野にまで広がっています。 * アルティウムはその後,上海に本社が移転されています。
 
成功を決定付けたキーコンセプトと製品
いち早くWindowsにフォーカスすることにより「高性能を、安く、使いやすく提供する」という、あたり前の目標に取り組んだ先見性がプロテルの成功を決定つけたといえます。1991年のプロテル最初の Windows製品のリリース当時、MS-Windowsはバージョン3.0 と 2.1のランタイムバージョンが混在して使われていた時代で、ハードウェアも i386ベースの非力なものでした。普通の人ならとてもこれを CADのプラットホーム使おうとは考えなかったと思います。実際のところプロテル初期の Windows-PCBは当時主流の DOS製品と比べると、動作が遅く使いづらいものであったのも事実です。それでも Windowsへのフォーカスを決めたという決断からは、創業者ニック・マーティン氏の非凡さがうかがえます。
このようにプロテル Windows第一世代の、Advanced Schematic / PCB のバージョン1.x は時代を先取りしすぎた面もありました。このためマーケットに対しては挨拶代わりになりこそすれ収益には結びつかず、プロテルの経営を圧迫しました。
1993年のプロテル Windows版のバージョン2.xのリリース後、この状況は一変します。Windows は 3.0 が定着し CPUも i486が普通に使われるようになります。そしてこのプロテルのバージョン 2.xでは機能の改良に加え、ハードウェアプロテクトが取り払われました、そしてその結果プロテル Windowsツールは極めて魅力的な製品に様変わりし、飛躍的に売り上げを伸ばします。そしてその後の 1995年に発売され、プロテルの統合化のさきがけとなった Advanced Schematic / PCBのバージョン3 は全世界で爆発的に売れはじめます。尤もこの頃は、DOS版のトップブランドである OrCADに Windows製品が無く、唯一の Windowsツールとしてプロテルが売れて当たり前というのが当時の状況だったと思います。
 
バージョン3 とEDA/Client、そしてProtel 98
バージョン3 により現在の、プロテル統合ツールの基盤が確立されたように思います。プロテルのこのバージョンは製品自体も良く売れましたがそれ以上に、EDA/Clientという統合プラットホームの開発と、Schemtic、Simulator、PLD、PCB、Route という一連のラインナップが出揃った事による、技術および営業面での意義は多大なものがあります。しかし製品の実用面から見るとまだ相対的にハードウェアが非力であり、機能よりもレスポンスを求めて、プロテルの古いバージョンを使い続けるユーザも多数存在しました。
そしてその後の1998 年には、プロテルのバージョン4 の製品として、Protel 98 がリリースされました。これは、 バージョン3 のプログラムを 16 ビットから 32 ビットに拡張しただけもので、機能の追加はほとんど行われませんでした。しかしこの結果、動作は安定かつ高速になり、実用性を重視するユーザの大きな支持を得ることができました。またこのバージョンからプロテルの統合化への志向が強まり、回路図エディターなどの単体ツールの積極的な宣伝が控えられはじめました。
実用性が向上したこのProtel 98 は、EDA/Client環境の完成版としての評価が高く、今でも現場で使われているのを見かけます。そしてその後 Protel 99、Protel 99 SE、Protel DXP、Protel 2004 がリリースされ、さらにその後はブランドが Altiumに変わり現在も進化し続けています。
 
日本国内での販売
現在アルティウムのマーケティングは、日本国内の常駐スタッフと株式会社エー・ディ・ティによって行われています。そしてそれ以前はプロテルジャパン、さらにその前はテクスパートがプロテルの国内の販売元でした。このあたりまでの経緯をご存知の方は多いと思いまが、それ以前にもプロテルは国内販売されておいました。最初のプロテルの販売元は、イー・ティ・シーを中心とした3社連合、次に日商岩井システック、そしてO.I.M、アルマティックと続き、その後テクスパートにたどり着きます。しかしこの間のプロテルの露出度は多くなく、プロテルがエンジニアの目にとまる機会は少なかったように思います。
プロテルがテクスパートへにたどり着いたのは1992年。Wesconでの Advanced Schematic 1.0のプロテルブースでの展示がきっかけでした。実質的には、プロテルの日本への上陸はこの時だったといえます。当時、時代はすでにWindowsへの流れを明確にしつつありました。プロテルの方向性はこの流れに沿うものであり、ゆるぎのないものに見えました。
このときからテクスパートはプロテルの将来性に期待し、持てる限りの体力を振り絞ってプロテルの宣伝を行います。その結果、1年あまり後に販売が開始された Advanced Schematic / PCB 2.0からは、順調に売り上げが伸び始め、バージョン3 の末期には新規販売だけで毎月 100-150本出荷されていました。外部の CAD関係者には、プロテルが飛ぶように売れていると映ったことでしょう。しかしもう二度と、こんなにたくさんに売れる時代はやってこないように思います。
その後の 1998年 4月、Protel 98のリリース直後に、テクスパートからプロテルジャパンにプロテルの販売業務が移管されます。テクスパートはプロテルをベストのポジションで新会社に引継ぐ事に成功し、無事その役目を終えます。この約 3年後プロテルはアルティウムに社名を変更し現在に至ります。
 
このように振り返ってみると、プロテル社の創業以来すでに四半世紀を超えており、その間大きな変遷がありました。そして今では初期に活躍した会社もスタッフもほとんどが姿を消しまっています。しかし創業者ニック・マーチンの全てのエンジニアに「ハイエンドの機能をローエンドの価格で提供する」という意思は変わることなく引き継がれており、極めてコスト・パフォーマンスの高い CADツールが提供され続けられています。
 
以上、 Altium の足跡 もあわせてご覧いただき、Protel の後継製品 Altium Designer 評価版 により、高度に進化した現在の Protel の姿をご確認ください。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加

« »