Altium & relatives トライアルサポート|Anvil Consulting

評価版とその利用に役立つ情報を提供します。 新規導入だけでなく、最新版へのアップグレードや増設を検討中の方々もご利用下さい。

アンビル コンサルティング㈱ info@anvil.co.jp

〒527-0085 滋賀県東近江市下羽田町 746

Protel 旧バージョンとの互換性

FAQ

Protel 旧バージョンとの互換性

 Altium Designer サポートサイト で最新情報をご確認ください

Altium Designer10 の購入検討に際して、Protel 99 SE 作成したファイルを読み込むことはできますか?というお問合せをいただくことがあります。

旧ファイルの読込みは、CAD ツールとして欠くことが許されない機能です。当然 Altium Designer10 にも備わっており、プロテル(Protel)旧製品の全バージョンの回路図・PCB ファイルの読込みが可能です。

加えて Altium Designer10 では、旧バージョンのフォーマットで保存することもできます。例えば 回路図ファイルは、Protel 99 SE のフォーマットで保存できます。また PCB ファイルは Protel 2.8 (Ascii)、Prptel 98/v3、Protel 99、Altium Designer の初期バージョンのフォーマットで保存することができます。

ただし、旧バージョンでサポートされていないオブジェットが Altium Designer10 で使用されていた場合には正しく変換されませんので注意が必要です。例えば、Protel 99 SE ではサポートされていない TrueType フォントや ソリッド形式のポリゴンが配置されたものを Protel 99 SE フォーマットで保存すると、文字化けしたりデータが欠落したりします。

 TrueType 文字は、Protel 88 SE のフォーマットで保存すると、文字化けします。

Silk_ad99.png

 ソリット形式のベタは、Protel 88 SE のフォーマットで保存すると、消滅します

poly_ad99.png

このように Altium Designer10 では旧Protelファイルとの万全の互換性を備えており、旧バージョンで作成されたあらゆるフォーマットの回路図・PCB ファイルを読込んで再利用することができます。また必要な場合には、旧バージョンのフォーマットで保存することもできます。

なら Protel をお使いの場合には  Altium の足跡 もあわせてご覧いただき、Protel の後継製品 Altium Designer 評価版 により、高度に進化した現在の Protel の姿をご確認ください。

Altium Desagner 問合せ・リクエストフォーム 

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »