Altium & relatives トライアルサポート|Anvil Consulting

評価版とその利用に役立つ情報を提供します。 新規導入だけでなく、最新版へのアップグレードや増設を検討中の方々もご利用下さい。

アンビル コンサルティング㈱ info@anvil.co.jp

〒527-0085 滋賀県東近江市下羽田町 746

今更ながら、サブスクリプションとは?

FAQ

今更ながら、サブスクリプションとは?

Altium Designer サポートサイト で最新情報をご確認ください

Altium Designer 2013 ではライセンス価格に加え、サブスクリプション(保守契約)料金も値上げされました。任意加入とはいうものの毎年必要になるこの料金の値上げはユーザにとってはかなり痛いものであるといえます。そこで今回はこのサブスクリプションについて、ユーザーとメーカーとの橋渡し役である代理店の立場から考えてみたいとと思

ユーザーにとってサブスクリプションとは? 新しいバージョンのプログラムの利用とスムーズな運用のためには欠かせないものです。 サブスクリプションの加入により、月に1回(過去の実績)のペースで提供される新しいリビジョンへのアップデートプログラムを料金を支払うことなしに利用することができます。このアップデートでは、毎回 30 以上の新しい機能やの提供や不具合の修正が行われます。

Altium Designer の機能はすでに日々の業務に不自由の無いレベルには達していますが、小刻みなアップデートにより生き物のように日々成長し続けています。1年間こ提供される機能の更新は何百ヶ所にも達しますので「1年経って気がつけばずいぶん使い勝手の良いものに進化していた」とお感じになると思います。

さらに、このアップデートを利用するためのテクニカルサポートが代理店経由で提供されます。Altium Designer ではツールとしての機能だけでなく、ライセンス管理システムやプログラムの更新;管理の仕組みは大変複雑になってきています。機能に関する問合せだけでなくこれらの不具合への対処にも、サブスクリプションによって提供されるテクニカルサポートが役立ちます。

アルティウム にとってサブスクリプションとは? 成熟した CAD 市場においてはサブスクリプション収入が大きなウエイトを占め、これが新機能開発の原資になります。高度成長、PC の普及、DOS から Windows はの移行期には新規ライセンスの導入が多く、これによる収入で開発費をまかなうことができました。事実この時期 Altium(Protel)には保守契約というものが存在しませんでした。しかし現在は CAD 市場の成熟により新規の導入は激減しており、新規ライセンスの販売による収益には多くを期待することはできませんので、サブスクリプション収入に頼らざるを得ません。さらにサブスクリプションの場合には、サービスの提供を約束することによりその料金をユーザー様から前払いそていただくことができるという、大変ありがたいものでもあります。

そしてこのこのサブスクリプション契約の結果、アルティウムにはプログラムを進化させる義務が生じ、この履行のために毎月アップデート提が提供されています。

代理店にとってサブスクリプションとは? アルティウムのみならず、サブスクリプションにに依存度する収益構造は代理店も同様です。そのてこの料金を前払いおただけることもお同じですが、これによって生じる義務は異なります。代理店には、使用方法や不具合解消のためのテクニカルサポートを提供する義務が生じます。

以前、同業者から「保守契約はライセンスを販売したことによるご褒美のようなもの」という発言を耳にしたことがあります。これは突っ込みどころ満載の発言であり易々と同意できるものではありません。しかしそういう一面も否定はできません。100歩譲ってこれに反論しないとしても、そのご褒美を誰たいただくのか?ということをまじめに考えなくてはなりません。このご褒美はアルティウムからではなくユーザーの皆様からいただくものであることは明白です。そこで私たち代理店は勘違いすることなくユーザーの皆様から喜んでご褒美をいただぇるよう、日々勤めなくてはなりません。

さて、そこでどうするか? まずは今回の値上げに対処することが必要です。早急に保守の更を新検討し、値上がり前の3月26日までにご手配ください。基本セットのサブスクリプションは 37,500 円から 71,000円に、拡張セットは 145,000円から 170,000円に値上がりします。「満了日はまだだいぶ先」という場合には、更新を前倒しすることをご検討ください。

そしてそのサブスクリプションの契約先は? ライセンスを購入した既存の取引先を経由して更新することが習慣的に行われる傾向があり、なかば保険や税金と同じような感覚で毎年々出費されているような例も見受けられます。しかし新規ライセンスとサブスクリプションでは代理店の役割が異なり、ユーザーはライセンスの新規購入とは別の判断基準で代理店を選択しなくてはなりません。サブスクリプションの場合には新しいライセンスが提供される訳では無くその対価に占めるサポートサービスの比重が高まります。このためサブスクリプションでは、代理店からサポートを購入するという側面が強まりますので、現場での運用に最も有効なサポートが得られる相手を契約先として選ぶことが必要です。ともすると以前と同じとろを利用しがちですが、どこを経由して契約するかについてはユーザー様の専権事項でので、過去にはとらわれずこれから先の利益だけと考えて契約先代理店をお選びいただきたいと存じます。

そしてその契約先の一つとして、アンビル コンサルティングをご検討いただくようにお願いします。またご検討に際しては、以下のページの情報をご利用ください。

以上、サブスクリプションに関するお問合せと見積依頼を っておりますので info@anvil.co.jp までお気軽にお申し付けください。

Altium Desagner 問合せ・リクエストフォーム

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »