Altium & relatives トライアルサポート|Anvil Consulting

評価版とその利用に役立つ情報を提供します。 新規導入だけでなく、最新版へのアップグレードや増設を検討中の方々もご利用下さい。

アンビル コンサルティング㈱ info@anvil.co.jp

〒527-0085 滋賀県東近江市下羽田町 746

他機種との互換性 – ガーバーを使ってリバースエンンジニアリング

FAQ

他機種との互換性 – ガーバーを使ってリバースエンンジニアリング

 Altium Designer サポートサイト で最新情報をご確認ください

Altium Designer は、CADENCE Allegro、Expedition、CADSTAER、OrCAD Layout、PADS、P-CAD など、主要な PCB CAD のデータの読込み機能を備えており、これらの CADで設計されたPCB レイアウトをそのまま読み込んで編集することができます。

しかし、設計現場で使用されている PCB CAD はこれだけではありません、特に日本では、国産の CAD が普及しており、基板設計を外部に依頼すると国産の CAD で設計が行われる場合があります。 しかし Altium Designer ではこれらの 国産 CAD のデータの読込みはサポートされていません。

そこで、これに代わる方法として、ガーバー データを Altium Designer に読み込んで編集することが可能です。 この場合、Altium Designer ではただ単にガーバーを読み込んでそのまま編集するのではなく、CAM エディタ(CAMtastic)にガーバーデータを読み込み、それを Altium Designer のPCB データに変換して、 PCB ツールのコマンドを使用して編集することができます。アルティウムではこれをリバースエンジニアリングと呼んでいます。

また、ガーバーを読込んで編集編集するという説明からは、ガーバー編集用の生産性の低いコマンドを使用した手間のかかる作業を想像しがちですが、この場合には使いなれた Altium Designer の PCB 編集コマンドが使えますので、小規模な変更であればさほど不便は感じないはずです。

手順は以下のとおりです。

  1. CAMtasticガーバーエディタに に Gerber と NC データを読み込む CAM エディターの [ Files ] – Import コマンドを使用する。Quick Loard という一括読み込みの機能があり、これを利用すると基板を構成するファイルをまとめて読み込むことができる。
  2. ネットリストを抽出 レーヤ属性の設定 → レーヤオーダーの設定 → ネットリストの抽出、という一連の作業を行う。
  3. CAMtastic のデータを Altium Designer の PCB データに変換 [ Files ] – Export – Export to PCB コマンドで Protel に データを送る
  4. Altium Designer に読み込まれた PCB データからビアを抽出して変換 変換された PCB データはランド部分は全てパッドになっており、ビアとの区別がない。このため、Find Similar Objects の機能を使ってビア部分を検出し、この部分をビアに一括変換する。
    union.gif
  5. Altium Designer の PCB 編集機能を使って修正 変換元データがガーバですので、そのままでは部品単位での移動はできない。このため部品の移動を行う場合には、[ Tools ] – Convert – Create Union from Selected Components コマンドを使ってパッドをグループ化する。さらにこのメニュー下部にある、Add Selected Primitives to Component でシルクをグループ化する。これら機能を使用すると、オリジナルの CAD データと同じように部品単位での移動が可能になります。

さらに Altium Designer ではその豊富な機能を駆使して一旦読み込んだガーバーデータを、オリジナルのPCB データに近付けることができます。もしAltium Designer または、旧プロテルで描かれた回路図があれば、回路図と整合する Altium Designer の 完全なPCB データに復元することができます。この手順については DesignWave 誌の記事で詳細に解説 してあります。 ただし冒頭2ページしか公開されていませんので、詳細をお知りになりたい場合には、アンビルコンサルティングまでお問合せ下さい。

しかし一方で、完全なPCB データへの復元にはかなり手間がかかります。簡単な修正ならあまり欲張らず、単に (CAM エディターを介して)ガーバデータを Altium Designer に読み込んだだけの状態で編集したほうが能率的だと思います。

Altium Designer では簡単にガーバーデータを読み込み、使い慣れた PCB 編集機能を使って修正することができます。「ガーバー はなにかと面倒」という先入観を捨てて一度この方法をお試しください。

Altium Desagner 問合せ・リクエストフォーム 

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »