Altium & relatives トライアルサポート|Anvil Consulting

評価版とその利用に役立つ情報を提供します。 新規導入だけでなく、最新版へのアップグレードや増設を検討中の方々もご利用下さい。

アンビル コンサルティング㈱ info@anvil.co.jp

〒527-0085 滋賀県東近江市下羽田町 746

使わなきゃ損する 3つのウィザード

FAQ

使わなきゃ損する 3つのウィザード

 Altium Designer サポートサイト で最新情報をご確認ください

Altium Designer には編集作業を省力化するためのウィザードが数多く用意されています。そこでその中から、これは便利! と皆さんに相槌を打ってもらえそうな ウィザードを 3 つ選んでご紹介したいと思います。

PCB Board Wizard これはその名のとおり、基板の外形を作成するためのウィザードです。次々を表示される入力フォームに各項目に数値を入力することにより、基板外形・層構成・デザインルールなどをを設定することができます。またあらかじめ用意されている基板外形の雛形を読み込んで利用することもできます。このウィザードを起動するためのコマンドは Files パネルの一番下の項目の最下部に表示されます。コマンドが目立たないところにあるので、このようなウィザードがあることを、ご存知無い方も多いのではないでしょうか?

PCB Board Wizard を起動するコマンドは Files パネルの一番下

boardwizard.png

基板の形状を選び、各部の寸法を入力

board_dimension.png

IPC フットプリントウィザード/コンポーネント作成ウィザードは基板上に配置する、フットプリントを作成するためのウィザードです。2種類用意されており使い分けが可能です。IPC フットプリントウィザードは IPC 基準に沿って詳細に各部の寸法を規定することができます。一方コンポーネント作成ウィザードは入力項目が最小限に絞り込まれており、部品メーカーや実装工場から詳細な信奉情報が得られない場合には、こちらを利用すると良いでしょう。フットプリント作成の作業では、正確な作業を何度も何度も辛抱強く繰り返すことが要求されますが、これらのウィザードを利用することでこのような困難な作業から開放されます。もちろん、これらのウィザードで作成されたフットプリントは手作業で作成したものと同じように編集することができます。

2種類のウィザードは、PCB ライブラリエディタのツールメニューから起動

fpwizard.png

パッケージの種類を選択

fptype_sel.png

各部のサイズを入力

fpdimension.png

XSpice モデルウィザード Spice シミュレーションモデルはテキストファイルですので、テキストエディタで作成することができます。しかしその文法やパラメータに対する理解が必要になり、初心者の手手に負えるものではありません。そこで用意されたのがこのウィザードです。部品メーカーから提供されたスペックシートの数値、または設計者による実測値からXSpice シミュレーションモデルを自動的に生成します。部品メーカからシミュレーションモデルを入手できないときには、もってこいのウィザードです。

回路図ライブラリエディタのツールメニューから起動

modelwizard.png

実測データ又は メーカの部品スペック。 どちえあのデータから作成するのかを選択

bjtmodel.png

他にも多くのウィザードが用意されていますが、特に役立ちそうな 3つのウィザードをご紹介しました。設計の腕を磨くことに加え、ウィザードなどの自動/半自動機能の使いこなしにもチャレンジしてみてください。

Altium Desagner 問合せ・リクエストフォーム 

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »