Altium & relatives トライアルサポート|Anvil Consulting

評価版とその利用に役立つ情報を提供します。 新規導入だけでなく、最新版へのアップグレードや増設を検討中の方々もご利用下さい。

アンビル コンサルティング㈱ info@anvil.co.jp

〒527-0085 滋賀県東近江市下羽田町 746

使用許諾契約書を読む|外部設計者による Altium Designerの利用

FAQ

使用許諾契約書を読む|外部設計者による Altium Designerの利用

 Altium Designer サポートサイト で最新情報をご確認ください

購入した Altium Designer を社外の設計者が使っても良いか?とというお問合せをいただくことがよくあります。Altium Designer の 使用許諾契約書 にはこのような場合の条許可件が示されています。

Altium Designer のライセンスは、ライセンス料金を支払いス使用許諾契約書にすることを条件に、その契約当事者に対して提供されます。しかし、Altium Designer ではライセンスタイプの多様化により、ライセンスが提供された契約当事者以外が使用するケースが増えてきています。たとえば、オンデアンドライセンスには、AltiumLive にサインインすることさえできれば、だれでもライセンスを使用することができます。この Altium Designer のライセンス管理ステムの特長を行かすべく Altium では使用許諾契約を行っていない不特定のユーザーに対しても、ライセンスの使用が許可されています。

2.3. 使用の制限。本契約により、お客様は、お客様がAltiumから許諾された条件に従って許諾資料をインストールし、使用する権利を付与されます。上記にかかわらず、Altiumは、お客様に対し、許諾資料を一時使用することを承諾します。ただし、お客様のライセンスが本契約に基づきそのように制限されている場合は、当該使用の結果、お客様が随時使用することを許可されているものより多くの許諾資料のコピーを使用することにならない場合に限るものとします。

この条項では、該当ライセンス契約ユーザー数の範囲内であれば、使用許諾契約が成立していない利用者に対しても、ライセンスの使用を認めています。たとえばこれにより、管理者が購入しセットアップしたライセンスを、実務を担当している設計者が利用するという運用方法が可能になります。

さらに、遠隔地の事業所でライセンスを使用したい場合や、社外の設計者に貸し出したい場合があります。このような場合にも”ライセンスの使用”は可能ですが、使用許諾契約が成立していない設計者に対しては制限が設けられています。

2.3.1. いかなる場合においても、お客様は以下のことを行わないものとします:a)お客様の関連会社、子会社または部門、異なる地理的場所に所在するお客様の事業の一部、または第三者に対して、いかなる一部であれ、許諾資料をコピーすること、これにアクセスすること、これを使用することを許可すること(お客様がコンチネンタルライセンスまたはワールドライセンスに基づき許諾資料を許諾されている場合を除く);上記にかかわらず、上記第2.3項に記載の通り、お客様は、許諾資料を一時使用できます; (以下省略、本文参照のこと)

この条項では、使用許諾契約が成立していない遠隔地や社外のユーザーのライセンスの使用が認められていません。しかし”許諾資料を許諾”すれば使用が許可されることが明記されています。従い、AltiumLive を取得し利用者自身がインストールする場合には、その過程で”許諾資料を許諾”しますので、遠隔地の事情所や別会社のユーザーでも使用が許可されるということになります。

このようなライセンスの許可範囲と制限に関して、使用許諾契約書の 2.3. 使用の制限、および 2.3.1, 2.3.3, 2.3.4 に詳しく示されています。

altium_eula_jp.gif

Altium Designer では複数のライセンスタイプ選ぶことができ、オンデマンドライセンスでtアカウントへのサインインさえできれば世界中どこからでもライセンスにアクセスすることができます。しかし実際にできる事と許可されていることは異なります。知らないうちに違反を行ってしまうような事にならないよう、事前に使用許諾契約書を詳しくお読みになることをお奨めします。

Altium Desagner 問合せ・リクエストフォーム

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »