Altium & relatives トライアルサポート|Anvil Consulting

評価版とその利用に役立つ情報を提供します。 新規導入だけでなく、最新版へのアップグレードや増設を検討中の方々もご利用下さい。

アンビル コンサルティング㈱ info@anvil.co.jp

〒527-0085 滋賀県東近江市下羽田町 746

Altium Designer のもう一つのライセンスタイプ

FAQ

Altium Designer のもう一つのライセンスタイプ

 Altium Designer サポートサイト で最新情報をご確認ください

ご存知のように Altium Designer にはスタンドアロン、オンデマンド、プライベートサーバー(フローティング)の 3つのライセンスタイプが提供されており、運用形態にあわせてお選びいただくことができます。そしてもう一つ Altium Designer には海外で利用する場合の選択肢として、使用可能な地域を規定した3 種類のライセンスタイプが用意されています。

このライセンスタイプについては、ホームページやカタログなどでは紹介されていませんが、使用許諾契約書の中に以下の記載があります。

1.20. コンチネンタルライセンスとは、1つの地理的な大陸内の複数の場所で許諾資料を使用するためのマルチユーザーライセンスを意味します。 1.21. ワールドワイドライセンスとは、世界中の任意の複数の場所で許諾資料を使用するためのマルチユーザーライセンスを意味します。 1.22. LANライセンスとは、1つの地理的な場所で許諾資料を使用するためのマルチユーザーライセンスを意味します。

ここには、コンチネンタルライセンス、ワールドワイドライセンス、LANライセンスの種類のライセンスタイプが存在することが示されています。さらに仕入先に詳細を確認したところ以下の事がわかりました。

  • コンチネンタルライセンス 現在日本で販売されているライセンスは全てこのタイプ。大陸内の複数の場所でライセンスを使用可能。日本は大陸に属していないので、日本で購入したコンチネンタルライセンスは日本でしか使用できない。ただし出張などによる一時的な海外での使用は許可されている。また、海外拠点で恒久的に使用するためのコンチネンタルライセンスを日本で購入することはできず、現地で購入しなくてはならない。
  • ワールドワイドライセンス(別名、グローバルライセンス) 世界中の任意の複数の場所でライセンスを使用可能。このため日本の本社と海外拠点との間でライセンスを共有するような場合には便利。価格はコンチネンタルライセンスの 2倍に設定されている。またこのタイプのライセンスは、海外拠点に導入する場合でもも日本で購入することができる。
  • LANライセンス(別名、シングルサイトライセンス) これについては使用許諾契約書以上の情報は得られていませんが、名前まら類推すると、同一住所の事業所敷地内でユーザー数の制限無しにライセンスを使用できるというタイプだと思われます。価格は未確認です。もしこのライセンスタイプの詳細をお知りになりたい場合には、info@anvil.co.jp までお問合せください。

日本では今のところ、コンチネンタルライセンスしか販売されていませんが、海外の工場との連携が必要な場合などに備えて、このようなバリエーションが存在することを覚えておいてください。

Altium Desagner 問合せ・リクエストフォーム 

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »