Altium & relatives トライアルサポート|Anvil Consulting

評価版とその利用に役立つ情報を提供します。 新規導入だけでなく、最新版へのアップグレードや増設を検討中の方々もご利用下さい。

アンビル コンサルティング㈱ info@anvil.co.jp

〒527-0085 滋賀県東近江市下羽田町 746

Altium Designer の 3D 表示機能 – 3D PCB Visualization

FAQ

Altium Designer の 3D 表示機能 – 3D PCB Visualization

 Altium Designer サポートサイト で最新情報をご確認ください

Protel 99 SE には無かった Alium Designe の機能のご紹介。今回はその 3回目として 3D 表示機能を取り上げます。なおこのページでは、他のページで使用した画像を転用しています。

さて、今回ご紹介する3D 表示機能は PCB データを見せるためのものですので、説明にはまずその画像をご覧くのが一番手っ取り早いのではないかと思います。

ad3d500.png

Prtel 99 SE にも、簡易的な 3D 表示機能が付いていましたが、この画像を見ると大きく進化していることがわかります。その機能の概要は以下のとおりです。

  • PCB フットプリントに STEP 3D モデルを割付ることにより PCB フットプリントを 3D 化できる
  • 3D 表示に対して、拡大縮小、移動、回転などの表示制御をマウスで簡単に行ううことができる
  • 3D 化されたフットプリントにより基板に部品が実装された状態を 3D 表示できる
  • 基板の内部や断面を 3D 表示するこができる
  • 部品形状を含む基板の 3Dデータを STEP ファイルで 3D メカニカル CAD に渡すことができる

そしてただ表示ささせるだけでは無く、 3D 化されたフットプリントを利用して、クリアランスチェックを行うことができます。また 3D 表示の状態で部品の移動ができますので、立体的な干渉チェックを行いながら部品配置を行うことができます。さらに ズーム、回転などによる 3D 画像の変化を動画に記録する機能も備えています。

3D 画像は、メイン画面とは別に用意された 3D パネルにも表示されます。2D 編集画面での作業中にもここは 3D で表示されますので、3D イメージで干渉等を確認しながら設計を進めることができます。以下はこのパネルを紹介するための画像ですが、Protel 99 SE で設計された 3D モデルの割り付けられていPCB レイアウトが読み込まれた状態です。このように Protel 99 SE で設計された 2D の PCB レイアウトでも、新しい 3D 機能を利用することができます。

ad3d99.png

Altium Designer の 3D 機能については以下のような日本語ドキュメントが用意されていますのでご利用ください。

Altium Desagner 問合せ・リクエストフォーム 

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »