Altium & relatives トライアルサポート|Anvil Consulting

評価版とその利用に役立つ情報を提供します。 新規導入だけでなく、最新版へのアップグレードや増設を検討中の方々もご利用下さい。

アンビル コンサルティング㈱ info@anvil.co.jp

〒527-0085 滋賀県東近江市下羽田町 746

Altium Designer の BGA 引出し配線機能 – BGA Fanout

FAQ

Altium Designer の BGA 引出し配線機能 – BGA Fanout

 Altium Designer サポートサイト で最新情報をご確認ください

BGAは 主に LSI 密高度実装用のパッケージとして定着しており、これを用いた場合には、格子状に配置された多くの端子パッドからパッケージの外側に配線を引き出すという、きわめて厄介な作業を行なわなくてはなりません。

たとえばば BGA では従来の PGA の配線とは異なり、ピンのすぐそばにビアを置き、まずそこから適切な層に配線を振り分けてパッケージの外側まで配線を引き出す、という作業が必要のなります。たいへん手間のかかる作業が必要になりますが、Altium Designer ではこれを自動的に行うための機能があります。

まず、配線が引き出された結果をご覧下さい。8層基板(配線層 6)上の 1156ピンのBGA から、Altium DesignerのBGA Fanout 機能によって自動的に処理されたそのままの結果です。

BGA_ESCP.png

物理的に引き出しが不可能な箇所は未配線の状態のまま残っいます。

fanout_err.gif

おそらく、1000以上もあるBGA パッドからの引き出しをすべて手作業で行なうと、数日はかかると思いますが、Altium Designerでは、この BGA Fanout コマンド(コンポーネント付随ネットをファンアウト)を起動するだけで数秒で完了します。

fanout_command.gif

また、BGA Fanout で配線を引出す前にピンスワップを行なうことにより、配線の交差を最少化することができます。

swap_command.gif

  ピンスワッピング前                    ピンスワッピング後 swap.png

※ CQ 出版社 DesignWave 誌より画像を引用

これらの機能は BGA まわりの配線にはなくてはならない機能のように思いますが、いかがでしょうか?

Altium Desagner 問合せ・リクエストフォーム 

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »