Altium & relatives トライアルサポート|Anvil Consulting

評価版とその利用に役立つ情報を提供します。 新規導入だけでなく、最新版へのアップグレードや増設を検討中の方々もご利用下さい。

アンビル コンサルティング㈱ info@anvil.co.jp

〒527-0085 滋賀県東近江市下羽田町 746

Altium Designer 拡張セットと基本セットの併用

FAQ

Altium Designer 拡張セットと基本セットの併用

 Altium Designer サポートサイト で最新情報をご確認ください

皆様からのお問合せの中で、一人で全ての設計工程を受け持つわけではないので、Altium Designer のような統合ツールは不要というご指摘をいただくことがよくあります。

これはもっともなご意見のようですが、統合ツールを一人で何でもかんで一人で片付けてしまうためのツールと考えるのは誤りであり、むしろ設計工程のどの段階においても、自由にデータの受け渡しを行うことができる統合ツールこそ、設計の分担に最適なツールであるとお考えいただきたいと思います。

board_function.png

とはいうものの、PCB 設計を全て外部に依頼しているような場合には、PCB 機能付きの高価なツールを数多く揃えるわけにはいかないというのも事実です。そこで用意されているのが Altium Designer 基本セットです。基本セットは拡張セットから PCB 設計機能を省いたものですが、回路設計者と PCB 設計者の設計分担を効率的に行えるよう、PCB 設計機能の多くがそのまま残されています。

frontend_function.png

例えば基本セットには、PCB 機能として以下の機能が含まれています。

PCB 配線の前段階の作業を行うための機能として、

  • マニュアルによるPCB外形の作成
  • ウィザードによるPCB 外形の作成
  • Update PCB … による PCB上への部品の呼び出し
  • マニュアルによる PCB上での部品の移動
  • PCB デザインルールの設定
  • PCB デザインルールウィザード
  • マニュアルによるフットプリントの作成
  • ウィザードによるフットプリントの作成

設計の終わった PCB の検図やドキュメント作成のための機能として、

  • 設計済みの .PcbDoc ファイルの読込と表示
  • PcbDoc ファイルからの各種レポート、デザインルールチェック
  • 3D 表示機能
  • Gerber ファイルの読込と表示

以下のようにこれらの機能を使って、回路設計者が PCB 上への備品配置までを行うことができます。
(基本セットでここまでの作業が可能)

core.png

そしてその PCB ファイルを PCB 設計担当者に渡して配線を依頼し、さらに配線完了後の PCB ファイルを受け取り、仕上がりを確認したり各種のドキュメントの作成に利用したりすることがでできます。

このように基本セットはPCB 配線にとりかかるまでの、部品配置のために必要な機能を備えています。しかし部品配置機能を全て備えているわけではなく、以下のような機能が利用できません。

  • ライブラリパネルからのフットプリントの呼び出し
  • 部品配置を支援する半自動機能
  • 自動配置機能
  • Copy and Paste 機能
  • 伝送線路解析は回路図レベルのみ

他にも欠けている機能がいくつもありますので、以下の「編集」「配置」「ツール」メニューのグレーイアウトの状態をご確認ください。

PCB エディターのコマンドメニューとライブラリパネルのグレイアウト

pcbmenu.png

ライブラリ「パネルの Place ボタンがグレイアウトしており、ここからは部品を呼び出せない

PCB ライブラリエディターのコマンドメニューのグレイアウト

pcblibmenu.png

サブメニュにもグレイアウトしている部分がありますが、どの機能がカットされているかということがだいたいわかると思います。もし、より詳しくお知りになりたい場合には、「xxxx コマンドはありますか?」というように個々にお問合せください。

一般的な電子機器設計の現場では、限られた人数の基板設計者によってPCB 設計が行われており、拡張セットを全ての設計者に充当する必要は無いはずです。基本セットはこれだけの機能を備えていながら、価格は131,000円(税別)と非常に安価です。この基本セットの機能をよく調べて、いけそうなところは基本セットですませるということにすれば、だいぶ経費が抑えられるのではないでしょうか?

以上、基本セットの機能についてご不明な点がございましたら info@anvil.co.jp までお気軽にお問合せください。

Altium Desagner 問合せ・リクエストフォーム 

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »