Altium & relatives トライアルサポート|Anvil Consulting

評価版とその利用に役立つ情報を提供します。 新規導入だけでなく、最新版へのアップグレードや増設を検討中の方々もご利用下さい。

アンビル コンサルティング㈱ info@anvil.co.jp

〒527-0085 滋賀県東近江市下羽田町 746

Altium Designer への橋渡し – t021

Altium Designer への橋渡し – t021

2013/11/3 Altium-Trial 掲載:t021
 
2011 年 10月 26日
——————————————————–
■ アルティウム専門店、アンビルコンサルティングからのご案内 ■
——————————————————–
 
   【 Altium Designer への橋渡し –  2011年 10月 26日版 】
 
——————————————————–
この案内は、旧テクスパートでお付き合いいただいたお客様と、
アルティウムから、セールスリードとして提供を受けた情報から
配信リストを作成して皆様にお送りしております。
もし配信を希望されない場合には、お受け取りになったアドレスを
明記の上、このメールの返信にて配信停止をお申し付けください。
——————————————————–
 
いつもお世話になっております。アンビルコンサルティングです。
 
前回ご案内をお送りしたのは 8月 4日ですので、ほぼ 3ヶ月ぶりに
ご案内をお送りすることになります。 久々のご案内ですが、
この間に夏は彼方に遠のき、肌寒い日々がやってきました。
 
今年は大地震、多すぎる雨、暑すぎる夏など自然の脅威とその被害に
さらされ続けましたが、この先、寒すぎる冬がやってこないことを
ただ願うばかりです。
 
さて、出荷開始から 8ヶ月を迎えようとしている Altium Designer 10 は、
定期的にアップデートが実施されており、今月の始めには 12回目の
アップデートがリリースされました。
このアップデートでは今まで報告されていた、日本語処理に関する不具合が
一掃され、日本のユーザーにとっては非常に重要なリリースになりました。
 
Altium Designer 10 は改良のための開発が続けれています。
アルティウムの公式 Blog では、現在開発中の新機能について語られており、
最近の投稿で、異形パッドをサポートする新機能が紹介されています。
 
このような開発中の新機能は、今後のアップデートリリースによって
ユーザーに届けられ。サブスクリプション(保守契約)ユーザーは
無償でこれを受け取ることができます。
 
アンビル コンサルティングはアルティクム専門店として、Altium Designer
ユーザーと購入ご希望の皆様を全力でサポートいたします。
Altium Designer の トレーニンコースも定期開催 いたしておりますので
ぜひともご利用ください。 http://altium-info.com/2011/10/2011-1.html
 
◆  弊社情報ページの 新着記事
 
http://altium-info.com/2011/08/altium-designer-10protel-99-se.html
Altium Designer 10 と  Protel 99 SE とでは違いが大きすぎ、
どのように進化したかをお簡単にはご説明できません。
とりあえずは、このページからリンクされている解説ページを、ひととおり
ご覧いただけると助かります。
 
http://altium-info.com/2011/08/post-25.html
製品と全く同じ機能を持つトライアルライセンスは、究極の評価ツールです。
弊社から、製品ライセンスをご購入いただいた時と同等のサポートを
提供させていただきますので、ぜひともご利用ください。
 
http://altium-info.com/2011/08/altium-designer-viewer.html
Altium Designer で作成したデザインファイルを表示可能なビューワーが
無償で提供されています。
 
http://altium-info.com/2011/08/altium-designer-1026.html
Altium Designer ユーザー情報サイトでは、間をおかず新しいトピックの
追加や内容の更新が行われていますので、時々覗いてみてください。
 
http://altium-info.com/2011/09/altium-designer-1027.html
半年くらい前から Winter 09 以前のバージョンの Web 経由での
認証ができなくなっています。そこで現在の認証サービスの状況を
一覧にしてみました。
 
http://altium-info.com/2011/09/post-26.html
スタンドアロンライセンスを購入すると、Altium Designer プログラム
からのインターネットへのアクセスを一度も行うこと無く、ライセンスの
使用を開始できることがわかりました。
 
http://altium-info.com/2011/09/altium-designer-1028.html
2 つのサイトアドレスの混在により、検索結果からジャンプすると
ログインし直さなくてはならないという、不都合が生じていました。
されを避けるため、サイトアドレスを一つに統一しました。
 
http://altium-info.com/2011/09/altium-designer-1029.html
ライセンス使用許諾契約書は非常に重要な文書であるにもかかわらず
お読みいただいていない場合が多いようです。
ライセンス使用許諾契約書には、ユーザーに対してどのような条件で
ライセンスされているのか、という事が明記されています。
知らないうちに契約違反をしてしまうことにもなりかねませんので、
必ずお読みいただくようお願いします。
 
http://altium-info.com/2011/09/altium-designer-3-1.html
Altium Designer は、プログラムのダウンロードによりインストールして、
インターネット上のアカウントにサインインして認証するというのが
通常の方法ですが、これがうまくいかない場合のために、
インターネット環境への依存度の低い、いくつかの方法を紹介しています。
 
http://altium-info.com/2011/09/-3-wizard.html
Altium Designer には数多くのウィザードが用意されています。その中から
特に役立ちそうな、PCB Board Wizard、IPC フットプリントウィザード/
コンポーネント作成ウィザード、XSpice モデルウィザードをご紹介します。
 
http://altium-info.com/2011/10/2011-1.html
弊社が大阪で開催中のトレーニングコースの、日程のご案内です。
弊社ユーザー様以外のご利用も可能ですので、お気軽にお問合せください。
 
http://altium-info.com/2011/10/post-28.html
マルチユーザー環境でのインストールを効率化する、ローカル インストール
リポジトリを利用したインストール手順のご紹介です。インターネットに
アクセスしませんので、プロキシやセキュリティ設定の影響を受けまません。
 
http://altium-info.com/2011/10/post-29.html
Altium Designer を利用するためには、部品シンボルが必要です。
自作することができますが、その前に Alrium Designer から必要な部品を探し
出して利用することにより、部品作成の手間を省くことができます。そこで、
何万個もある部品の中から目的の部品を見つける方法をご紹介します。
 
http://altium-info.com/2011/10/altium-designer-1030.html
DVD からプログラムをインストールした場合、そのままの状態で、
プラグインと更新コマンドを実行すると Altium Designer は DVD ドライブに
データを探しに行き、アップデートできません。このような場合には
「リモートリポジトリの場所」 の変更が必要になります。
 
http://altium-info.com/2011/10/altiumlive.html
AltiumLive ではユーザー向けに有用な情報とサービスを提供しています。
中でも BugCrunch は A;tium Designer 10 で新たに開始された、
大変ユニークで有用なものです。
 
http://altium-info.com/2011/10/altium-designer-10-12-1.html
10月 9日に12回目のアップデートがリリースされ、部品表出力時に
日本語文字が正しく再現されないという問題が解決しました。
 
http://altium-info.com/2011/10/altiumlive-blog.html
異形パッドをサポートする、開発中の新機能が紹介されています。
 
◆  アンビル コンサルティングでは皆様のご利用をお待ちしております
 
アンビルコンサルティングでは、さまざまなサポートサービスを
用意して皆様のご利用をお待ちしております。
ユーザーサポート専用サイト   http://altium-user.com/ で
弊社のサポートメニューをご確認ください。
 
お問合せ、トライアルライセンスのご請求、見積り依頼は
このメールの返信 info@anvil.co.jp にて承っておりますので、
お気軽にお申し付けください。
 
では、皆様からのご連絡をお待ちしております。
 
アンビル コンサルティング株式会社  城野幸男
—————————————————-
〒527-0085 滋賀県東近江市下羽田町 746番地
TEL:   0748-22-3160    FAX:  0748-22-3243
ユーザサポート専用サイト:  http://altium-user.com/
Web:  http://www.anvil.co.jp   Blog:  http://altium-info.com/
Mail: info@anvil.co.jp (セールス)  support@anvil.co.jp (サポート)
—————————————————- 

1,433 total views, 3 views today

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。