Altium & relatives トライアルサポート|Anvil Consulting

評価版とその利用に役立つ情報を提供します。 新規導入だけでなく、最新版へのアップグレードや増設を検討中の方々もご利用下さい。

アンビル コンサルティング㈱ info@anvil.co.jp

〒527-0085 滋賀県東近江市下羽田町 746

Altium Designer への橋渡し – t026

Altium Designer への橋渡し – t026

2013/11/10Altium-Trial  掲載:t026

* Altium  Designer の最新情報 

2012 年 6月 25日
——————————————————–
■ アルティウム専門店、アンビルコンサルティングからのご案内 ■
——————————————————–
 
   【 Altium Designer への橋渡し 2012年 6月 25日 】
 
——————————————————–
この案内は、旧テクスパートでお付き合いいただいたお客様と、
アルティウムから、セールスリードとして提供を受けた情報から
配信リストを作成して皆様にお送りしております。
もし配信を希望されない場合には、お受け取りになったアドレスを
明記の上、このメールの返信にて配信停止をお申し付けください。
——————————————————–
 
いつもお世話になっております。アンビルコンサルティングです。
 
先週は「梅雨が台風を連れてやってくる」という異常な気象状態に
さらされ、各地で豪雨の被害が発生しました。
梅雨の割りには、あまり蒸し暑くは無い日々が続いていますが、
後しばらくは、梅雨と台風のコラボに細心の注意が必要です。
 
さて、たびたびのご案内で恐縮ですが、明日でキャンペーンが終ります。
そして Protel ブランドで販売された全ての商品からの
アップグレードの権利が消滅しますので、以下のページをご覧のうえ、
いま一度アップグレードをご検討ください。
 
また新規ライセンスについてもも明日でキャンペーンっが終了します
ので、購入を予定されている場合には手続きをお急ぎください。
 
また、Altium Designer のサブスクリプション(保守契約)は
一年ごとに更新の時期がやってきます。任意更新ではありますが、
以前よりテクニカルサポートの重要度が高まってきていますので、
満了日までに更新手続きをお済ませください。
 
 
◆  弊社情報ページ「アルティウムの日替り?情報局」の 新着記事
 
http://altium-info.com/2012/06/altium-designer-1039.html
Altium Designer 12以降はアップデートのスキームが変わり、
毎月小刻みにアップデートが繰返されており、新バージョンの
リリースと同時に新機能が提供されるわけではありません。
サブスクリプション(保守)契約中のユーザー様にはこのアップ
デートが無償で提供され、これをご利用いただくことにより、
プログラムを常に最新の状態に保つことができます。
 
http://altium-info.com/2012/06/protel-2.html
拡張セットだけでななく、基本セットにも注目して下さい。
Protel 時代の回路図エディタに対して、回路図エディタ
としての基本機能が進化しただけでなく、回路シミュレータや
FPGA 開発機能などの多くの機能が加わっています。
しかも驚くほど安価です。
Protel旧製品の場合には 6月 26日以降、基本セットへのアップ
グレードも対象外になりますので、検討をお急ぎください。
 
http://altium-info.com/2012/06/pick-and-place.html
Pick and Place データはマウンターに部品座標のデータを
渡すためのものですが、逆にこれを読み込んで部品配置に利用
することができます。
新製品の開発時「この部分は以前と同じ配置にしたい」
という場合などに利用できます。
 
http://altium-info.com/2012/06/post-35.html
Altium Designer では、グラフィックソフトからの Copy and Paste
で PCB 上にロゴを貼り付けることができます。元データの編集が
必要な場合もありますが、貼り付けた後のサイズ変更も簡単に
できるため、大変便利です。
 
http://altium-info.com/2012/06/altium-designer-1040.html
サブスクリプション加入のお奨めです。
Altium Designer 10 以降のアップデートのスキームは、
サブスクリプションを前提に組み立てられています。
少々営業的な表現ではありますが、サブスクリプションは
もはや安心を提供するといった程度のものではなく、
運用の生命線として、必要不可欠なものになっています。
 
http://altium-info.com/2012/06/altium-designer-1041.html
Altium Designer 導入ガイドがアップデートされました。
これは、弊社のお客様でなくても、サブスクリプションに加入
していなくてもご利用いただくことができます。
トライアルライセンスを取得された場合や、始めてライセンス
を購入された場合には特に役立つはずです。
 
http://altium-info.com/2012/06/altium-designer-1042.html
数ある Altium Designer の機能の中から、既存データの再利用と
使いまわしに役立つ機能をいくつか紹介しています。
思いついたものを順に紹介したものであり、内容には漏れや偏り
があると思われますので、ちょっとした参考程度にお読みください。
 
http://altium-info.com/2012/06/altium-designer—embedded-board-array.html
Altium Designer には便利な面付け機能が含まれています。
同じ基板の多面付けだけでなく、異種基板による組基板を作成する
ことができます。単面の元データを変更した場合にも、面付け後の
基板にその結果が反映されます。
 
http://altium-info.com/2012/06/altium-designer-bga.html
BGA パッドからフットプリント外側への配線の引き出しを、
自動的に行うことができます。パッドの隣にビアを打ち、自動的に
適切な層を選んで引き出します。
さらに、I/O バンクのピンスワップも自動的に行うことができます。
 
http://altium-info.com/2012/06/altium-designer-3d.html
PCB を 3D 表示することができます。PCB の表面や内部を
リアルに表示することができます。また フットプリントに 3D
STEP モデルを割り付けることにより、部品形状や部品が実装された
PCB 全体を 3D 表示できます。
さらに 3D による部品間のクリアランスチェックが可能です。
 
http://altium-info.com/2012/06/altium-designer—truetyoe.html
TrueType による PCB 上への日本語の入力ができます。
抜き文字や、バーコードの挿入も可能です。さらに絵柄を
TrueType 化することにより、どのような形状の絵柄でも
キーボードから呼び出して PCB 上に配置することができます。
 
アンビルコンサルティングでは、さまざまなサポートサービスを
用意して皆様のご利用をお待ちしております。
ユーザーサポート専用サイト http://altium-user.com/ で
弊社のサポートメニューをご確認ください。
 
お問合せ、トライアルライセンスのご請求、見積り依頼は
このメールの返信 info@anvil.co.jp にて承っておりますので、
お気軽にお申し付けください。
 
では、皆様からのお問合せをお待ちしております。
 
アンビル コンサルティング株式会社  城野幸男
—————————————————-
〒527-0085 滋賀県東近江市下羽田町 746番地
TEL:   0748-22-3160    FAX:  0748-22-3243
ユーザサポート専用サイト:  http://altium-user.com/
Web:  http://www.anvil.co.jp   Blog:  http://altium-info.com/
Mail: info@anvil.co.jp (セールス)  support@anvil.co.jp (サポート)
—————————————————-

1,562 total views, 15 views today

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。