Altium & relatives トライアルサポート|Anvil Consulting

評価版とその利用に役立つ情報を提供します。 新規導入だけでなく、最新版へのアップグレードや増設を検討中の方々もご利用下さい。

アンビル コンサルティング㈱ info@anvil.co.jp

〒527-0085 滋賀県東近江市下羽田町 746

Altium Designer への橋渡し 2013/10/21

Altium Designer への橋渡し 2013/10/21

2013/10/21 Altium-Trial 掲載:t031 投稿日訂正: 2013/11/11

* Altium  Designer の最新情報 

2013 年 10月 21日
——————————————————–
■ アルティウム専門店、アンビルコンサルティングからのご案内 ■
——————————————————–

   【 Altium Designer への橋渡し 2013年 10月 21日 】

——————————————————–
この案内は、旧テクスパートでお付き合いいただいたお客様と、
アルティウムから、セールスリードとして提供を受けた情報から
配信リストを作成して皆様にお送りしております。
もし配信を希望されない場合には、お受け取りになったアドレスを
明記の上、このメールの返信にて配信停止をお申し付けください。
——————————————————–

いつもお世話になっております。アンビルコンサルティングです。

10日前に「Altium Designer 14 まもなく登場」のご案内をお送りした矢先ですが、
その後、10月17日に Altium からリリースがアナウンスがされました。
http://altium-info.com/2013/10/altium-designer-14-1.html

すでに、Altium 社にサイトでは、商品説明がこの Altium Designer 14 に
差し替えられており、以下の 14の新機能が動画で紹介されています。

1.フレキシブル基板の曲げをサポート
http://www.altium.com/en/video-bending-lines
2.複数のレーヤースタックをサポート
http://www.altium.com/en/video-layer-stack-regions
3.フレキシブル基板を含むデザインの
3D のクリアランスチェック機能の追加
http://www.altium.com/en/video-3d-clearance-checking-flex-mounted-components4.3D
動画プレゼンテーション機能を拡張
http://www.altium.com/en/video-3d-movie-enhancements
5.レーヤースタックテーブルの生成機能
http://www.altium.com/en/video-layer-stack-table
6.レーヤースタックドキュメンテーションの生成 機能
http://www.altium.com/en/video-layer-stack-documentation
7.部品購入プロセスのサポート
http://www.altium.com/en/video-shopping-managed-content8.PCB
フットプリントの部品属性を追加
http://www.altium.com/en/video-embedded-components-support
9.層間をグランド連結する
VIA の自動発生機能を拡張
http://www.altium.com/en/video-regional-stitching-enhancement10.AutoCAD
入出力機能の改良
http://www.altium.com/en/video-autocad-importer-exporter-update
11.マルチプルレーヤースタックのサポートを含む新しいレーヤースタックマネージャー
http://www.altium.com/en/video-define-new-layer-stacks12.Eagle
PCB ファイルの読込機能
http://www.altium.com/en/video-eagle-importer
13.差動配線時の自動ネックダウンと差動インピーダンスの一定化
http://www.altium.com/en/video-easier-neck-down
14.差動配線の線幅またはギャップ変更時の差動インピーダンスの一定化
http://www.altium.com/en/video-consistent-pair-impedance

まだ、この新バージョンの出荷は始まっておらず、手元にも届いていません
ので現物を見たわけではありませんが、これらのビデオを見る限り、
今回は予想を遥かに超えるほどに飛躍的に進化しています。

振り返ると Altium(Protel)の Windows PCB ツールが普及し始めてから、
すでに20年を経過していますが、この間に Altium の Windows PCB ツールは
全く別物と言えるほどに進化しました。
当初から常々「これをうまく工夫して使いこなせば 10倍以上の価格の
ハイエンドツールと同じ事ができる」と考え続けてきましたが、ここまで進化
すると「何も工夫せず普通に使ってもハイエンドツール以上の事ができる」
のではないでしょうか?

Altium 製品は一時期 200万円以上にまで値上がりした時期がありますが、
現在では 20年前とほぼ同じ価格に収束しており、そのコストパフォーマンス
の高さは他社製品とは比べ物になりません。

景気が上向いているとは言え、大きな投資ができるほど楽観的な状況では
無いように見えます。このような経済環境の中、コストパフォーマンスの高い
Altium Designer は最良の選択なのではないでしょうか?

アンビルコンサルティングでは、さまざまなサポートサービスを
用意して皆様のご利用をお待ちしております。

お問合せ、トライアルライセンスのご請求、見積り依頼は
トライアルショップ http://altium-trial.jp/ またはこのメールの返信
info@anvil.co.jp にて承っておりますので、お気軽にお申し付けください。

では、皆様からのお問合せをお待ちしております。

アンビル コンサルティング株式会社  城野幸男
—————————————————-
〒527-0085 滋賀県東近江市下羽田町 746番地
TEL:   0748-22-3160    FAX:  0748-22-3243
ユーザサポート専用サイト:  http://altium-user.com/
評価版のサポートサイト: http://altium-trial.jp/
Web:  http://www.anvil.co.jp   Blog:  http://altium-info.com/
Mail: info@anvil.co.jp (セールス)  support@anvil.co.jp (サポート)
—————————————————-

* Altium  Designer の資料請求 

1,576 total views, 6 views today

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。