Altium & relatives トライアルサポート|Anvil Consulting

評価版とその利用に役立つ情報を提供します。 新規導入だけでなく、最新版へのアップグレードや増設を検討中の方々もご利用下さい。

アンビル コンサルティング㈱ info@anvil.co.jp

〒527-0085 滋賀県東近江市下羽田町 746

Altium はどれくらい売れているのか?

Altium はどれくらい売れているのか?

Altium Designer の導入検討の際に、Altium Designer がどれくらいのシェアを持っているのか知りたい人も多いと思います。CAD ツールには データーの共有により業務の連携が効率的に行えるという大きな利点がありますが、あまり普及していない CAD の場合にはこの利点を充分に生かすことができません。そこで、Altium Designer がどれくらい売れているかについて、ここで簡単にご紹介したいと思います。

まず現在の売上げ規模についてですが、これはは決算資料を見るとすぐにわかります。以下は web 上に公開されている資料(Altium Limited ASX Announcement)からの転載ですが、これによると 2013年 6月末まで の 1年間売上げは 69,2 million US dollars となっており、ほぼ同時期の Zuken社の売上げ (86億円)に肉迫しています。

 alu2013fy

ただし Zuken のように国内向けの販売比率が高いわけではありません。しかし、商品の価格が安いということや、保守契約収入の比率がそれほど高く無い点を考慮すると、国内においても新規ライセンスの販売数量は、トップレベルの水準にあるように思います。

さらたにこれは、現在の売れ行きをについての話ですが、Altium 以前の Protelユーザーや P-CAD/ACCEL/Tangoユーザーの多くユーザーがすでに Altium Designer に移行済みです。例えば、Protel は過去に国内だけでも 10,000ライセンス程度販売されており、(弊社推定によると)その半数近くが Altium Designer に移行していると思われます。これらの数をあわせると 数量ベースでの Altium Designer のシェアは、国内でもトップを争うシェアを持っているはずです。

このように Altium Designer は過去・現在(おそらく未来も)ともによく売れており、ユーザーが少なくて孤立してしまうというような心配はありません。

1,698 total views, 3 views today

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。